紫外線って何?

紫外線は、肌にとっては大敵です。
日焼けは絶対にしたくない方も多いです。
夏になると、どうしても気になってしまう紫外線ですが、何がどう危険なのか良く分かっていない方もいらっしゃいます。

紫外線は目で見ることができませんが、肌が当たるとメラニン色素が働きます。
これは、肌を護防御作用で、黒い色素で紫外線をブロックします。
また、同時に光の中にはコラーゲンを破壊する波長もあり、これに当たることでシワになったり、肌に張りがなくなることになります。
スキンケアでは追いつかないことも多いです。

ということは、紫外線は夏の場合は、これに暑いが加わることになり、乾燥、メラニン色素、コラーゲン破壊と言った悪さをすることから、絶対に当たらないほうが良い事になります。
少しの時間でも“日焼け”をしてしまうことから、たとえ数分でも、被害にあってしまうことになります。

しかし、人間の肌は再生能力があるので、夜にきちんとスキンケアをすることで、時間が経てば元に戻ります。
小さな子供は夏の間、プールなどに行き真っ黒になったとしても、次の年は日焼けはなくなっています。
しかし、ある年齢から、季節が変わってもスキンケアをしても黒いままのことが多いです。

しかし、人間の肌は再生能力があるので、夜にきちんとスキンケアをすることで、時間が経てば元に戻ります。
小さな子供は夏の間、プールなどに行き真っ黒になったとしても、次の年は日焼けはなくなっています。
しかし、ある年齢から、季節が変わってもスキンケアをしても黒いままのことが多いです。